飯塚市議会議員「えぐち徹」のつれづれ日記

飯塚市議会議員えぐち徹の足跡です。

選挙違反

ありがたいもので、この日記を読んだよと声をかけられる事がある。その中であった声の一つが、書き込みに選挙違反じゃないのってあったけど大丈夫?との声がある。


私的には、選挙違反でないと考えている。じゃあ、選挙違反ってなに?ってこと。
特定の選挙で、特定の候補者に投票を依頼すること。これは選挙違反。
また、インターネット上のホームページについては、選挙中に更新することは禁じられており、私も今までの2回の選挙では同様に期間中の更新は行っていない。


へ理屈かのようだが、私のホームページならびにこの日記で書いているのは、特定の選挙に出馬の意欲があるという意思の表明。決して投票を依頼してはいない。選挙違反というストライクゾーンがあるとするなら、これはボールだ。


私の書いたようなホームページは他にもいっぱいある。そして、宣言しているからと言って選挙違反に問われたケースを私は知らない。もちろん、私が知らないだけと言われればそれだけであるが。。。


このネットと選挙については、まだまだ未成熟。厳しい解釈から比較的緩い解釈まで様々な解釈がある。ぜひ、皆様も今回を機会に選挙のあり方を考えて欲しい。


選挙に出て感じたことはいっぱいある。その一つは、あんな短い期間に選挙公報と、有権者全員には到底届かないハガキと、掲示板に貼るポスター、そして一本のマイクで主張を理解してもらうことが非常に困難だと言うこと。


だってあんな狭い選挙公報で何をかけるというのだろう。本当にスローガンだけをならべるだけのようなスペースしかないのだ。また、ポスターがあると言っても、そのポスターにびっしり文字が書いてあったとして誰が読む気になるのだろう。選挙カーがあるじゃないかといっても、福岡や北九州に通勤しており、まわっている間にいない方なんて山のようにおられるし、何より名前を連呼されてもうるさいだけ。私は各所各所で政策をお話しさせて頂いたが、それでも無理がある。


そんなことを考えると、この国の選挙制度は、フィクションの上に成り立っているのかもしれないと感じることがある。これ以上は、この件について言及はしない。ご心配をおかけしたことをお詫びするだけである。