飯塚市議会議員「えぐち徹」のつれづれ日記

飯塚市議会議員えぐち徹の足跡です。

飯塚市議会令和2年第2回臨時会開会。

今日は臨時議会の開会日。

提案された議案に関しての提案理由の説明の後、委員会付託前の質疑が行われました。

そして、明日は、私の所属する協働環境委員会。

10時開会の委員会では、昨日紹介した体育館の工事契約議案3本が審議されます。

総額35億円の契約議案を認めるかどうかが問われています。

でも、今はコロナ有事。

これから先も第2波、第3波がくるかも知れません。

まずは、そのコロナ有事を乗り越えることを最優先に。

体育館建設もステイホーム。

コロナ有事が終わるまでは、一旦凍結して、備えましょう。

明日は、そのような趣旨で質疑を重ねたいと思います。

ぜひ、ネット中継でご覧下さい。

今日は、その準備でまた寝られないかも。。。

ガンバリマス。

臨時議会始まる。 コロナ対策は? 体育館建設はどうなる?

良い天気が続きますね。
お出かけしたくなる気分ですが、昨日は、久しぶりに福岡県内に新型コロナの感染者が4名でました。今日も北九州市で3名発生とのこと。
お出かけ先は三密じゃないところをお選び下さい。

さて、飯塚市では、明日、25日より28日までの4日間の日程で令和2年飯塚市議会第2回臨時会が開かれます。
議案は、新型コロナウイルス感染症に関連しての市の独自支援や、お一人10万円の特別定額給付金等を含む補正予算や体育館建設の工事契約を中心に16本あります。
 
今回の議案にある体育館などについては、4月27日に同僚議員8名で、
市長に対する新型コロナ対策に関する緊急申し入れを行っていました。
その申し入れ書はコチラから
 
前にもお伝えしましたが、その申し入れは、
「この状況の中、新型コロナがいつ終息するかも分からない。
また、コロナの影響で税収も下がるだろうし、生活保護も増えるだろう。
それに、台風や地震がくるかも知れない。
いつ、お金が必要になるか分からないので、体育館や市場の建設も含めて、
不要不急の事業は一旦中止として下さい」と言うもの。

名前を連ねたのは、福永隆一、松延隆俊、城丸秀高、吉松信之、小幡俊之、
兼本芳雄、金子加代、そして私の8名の議員。
 
しかし、残念ながら、14日に入札され、落札者が決定しています。
 その金額はというと
  新体育館等建設工事   28億4570万0000円
  同(電気設備工事)    4億8214万9800円
  同(給排水衛生設備工事) 2億3266万1000円

合計すると、35億円強にも!
そして、空調関係の工事については、談合情報があり、入札中止となっています。
コチラの予定金額は約4億円。
 
これらを含め、総事業費46億円(これももしかしたら上がるかも・・・)もの巨額なお金が、新体育館の建設に使われようとしています。
 
市の財政を見ると、今年3月末の飯塚市の貯金ともいえる財政調整基金の残額が73億円の見込みだったのに、来年3月末の貯金(財政調整基金)残高は、30億円を切る見込みです。
 
コロナの影響はすさまじく、今後も市としての支援をしなくちゃならないでしょう。
僕らは、新体育館よりまずコロナ対策をしっかり!と思っています。
 
そんな僕らの心配は、杞憂なのでしょうか???
 
いや、心配は当然だ!と思われた方、ぜひ、知り合いの議員にお声かけ下さい。
 
そんな体育館の議案を含め各議案を審議する日程は次の通りです。
傍聴は自粛して下さいとのことですが、議場や委員会室での傍聴も可能。
またネット中継もございます。ぜひ、しっかり見て頂きたいと思います。
 
 令和2年第2回飯塚市議会臨時会会期日程(案)
5月25日(月)
本会議 10時〜
 1 開会
 2 会期の決定
 3 議案の提案理由説明・質疑・委員会付託

福祉文教委員会 本会議終了後
 議案第55号 令和2年度飯塚市学校給食事業特別会計補正予算(第1号)
 議案第60号 専決処分の承認(令和元年度飯塚市学校給食事業特別会計補正予算(第3号))
 
5月26日(火)
協働環境委員会 10時〜
 議案第56号 契約の締結(飯塚市新体育館等建設工事)
 議案第57号 契約の締結(飯塚市新体育館等建設(電気設備)工事)
 議案第58号 契約の締結(飯塚市新体育館等建設(給排水衛生設備)工事)
 議案第63号 専決処分の承認(令和2年度飯塚市国民健康保険特別会計補正予算(第1号))
 議案第66号 専決処分の承認(飯塚市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)
 議案第67号 専決処分の承認(飯塚市国民健康保険条例の一部を改正する条例)
 
5月27日(水)
総務委員会 10時〜
 議案第54号 令和2年度飯塚市一般会計補正予算(第3号)
 議案第59号 専決処分の承認(令和元年度飯塚市一般会計補正予算(第8号))
 議案第61号 専決処分の承認(令和2年度飯塚市一般会計補正予算(第1号))
 議案第62号 専決処分の承認(令和2年度飯塚市一般会計補正予算(第2号))
 議案第64号 専決処分の承認(飯塚市税条例等の一部を改正する条例)
 議案第65号 専決処分の承認(飯塚市税条例の一部を改正する条例)
 議案第68号 専決処分の承認(飯塚市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例)
 
5月28日(木)
本会議 10時〜
1 委員長報告・質疑・討論・採決(総務、福祉文教、協働環境)
2 報告事項の説明、質疑
   報告第7号 専決処分の報告(市道上の車両損傷事故に係る損害賠償の額を定めること及びこれに伴う和解)
3 署名議員の指名
4 閉会


飯塚市議会、25日から臨時議会。コロナ対策より体育館? 僕らの申し入れは無視された?!

4月27日に市長に対する新型コロナ対策に関する緊急申し入れを行っていましたが・・・

その申し入れは、「この状況の中、新型コロナがいつ終息するかも分からない。また、コロナの影響で税収も下がるだろうし、生活保護も増えるだろう。それに、台風や地震がくるかも知れない。いつ、お金が必要になるか分からないので、体育館や市場の建設も含めて、不要不急の事業は一旦中止として下さい」と言うもの。

名前を連ねたのは、福永隆一、松延隆俊、城丸秀高、吉松信之、小幡俊之、兼本芳雄、金子加代、そして私の8名の議員。下の写真は、代表して福永議員と私で、担当部長お二人に渡しているところ。

f:id:gogo-eguchi:20200428013446j:plain

 

しかし、申し入れをして以降、今に至るまでなんら市側からの返答はなし。

 

そして、今日、臨時議会が招集され、体育館の建設工事の契約議案も提出されている様子。

下の写真は、その臨時議会の召集通知です。

f:id:gogo-eguchi:20200518231309p:plain

 

いや、新聞にも入札結果が載っていましたし、知っていましたけどね。

 

 

まあ、飯塚市は、財政ばっちりなんだね。
コロナの影響のそんな心配することないんだね。

今年は、台風もお休みしてくれるし、地震も日本避けてくれるんだろう。

 

私たちの心配は余計な心配だったんだ。

 

念のため、金額を見てみよう。

 

 

   建設工事     28億4570万0000円

  電気設備工事    4億8214万9800円

  給排水衛生設備工事 2億3266万1000円

  

足すと、35億円強!

 

結構な金額です。

 

おっと、これだけではすみません。

これに空調工事が加わります。

 

 

再度、申し入れ書をお読み下さい。 

 

 

新型コロナウィルス対策の財源確保に関する緊急申し入れ書

 

 市長ならびに市職員の皆様が新型コロナウイルス感染症対策に全力を挙げて取り組まれていることに敬意を表します。

 

 4月7日の緊急事態宣言から3週間がたとうとしていますが、新型コロナウイルス感染症の拡大は日増しに厳しい状況となっており、飯塚市においても、3月24日の会社員とその妻、4月17日の学生、そして4月22日の会社員と4人の感染者が発生しています。
 早期の回復をお祈りすると共に、これ以上の発生がないように願わずにはおられません。

 

 他方で、新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響はすさまじく、2月以降、地域経済は本当に大きなダメージを受けています。
 これに対応するための国の経済対策等もあるのですが、それだけでは厳しいことから、全国の自治体で、緊急経済対策を打ち出す動きが広がっており、飯塚市も、4月13日の記者会見で市長が「応援金を検討中」と発言されました。

 

 その財源について、財政調整基金を中心に考えていると市長は発言されていましたが、令和2年度の当初予算資料によると財政調整基金の令和元年度末の残高見込みは約73億円、令和2年度末の残高見込みは48億円弱となっており、市の財政が厳しい状況であることは、市側も認めているところです。

 

 この財政調整基金から、先日の市議会全員協議会で示された『新型コロナウイルス感染症 飯塚市緊急対策事業』の財源の捻出は可能でしょうが、令和2年度の当初予算は新型コロナウイルス感染症の影響を考慮せずに編成されており、市議会全員協議会で必要に応じ検討すると言われた「緊急対策事業」の第2弾や、緊急事態宣言が長期化した場合に必要となるオンライン授業やテレワーク等の費用、今後大幅な減収が予想される税収、増えることが予想される生活保護、更にいつ起きるか分からない自然災害などを考えると、財源は多ければ多いほどよく、まさに十二分に確保しておく必要があると私どもは考えています。

 

 よって、私どもは、新型コロナウイルス感染症対策の財源を十二分に確保しておくために、以下の3点について強く申し入れます。

       記


1 全ての事業を洗い直し、不要不急の事業については、今回の新型コロナウイルス感染症が終息するまで、一旦中止とすること。

 

2 移転新築が予定されており、現在入札が進行中の新体育館の建設工事については、今回の新型コロナウイルス感染症が終息するまで、入札中止とすること。

 

3 移転新築が予定されており、現在着工目前となっている新卸売市場の建設工事については、今回の新型コロナウイルス感染症が終息するまで、一旦中止とすること。
==============

 

再度、皆さんに問いかけたい。

僕らの心配は、杞憂ですか???

新体育館よりコロナ対策をしっかり!と思ったらシェアを!

 

 

 

 

 

 

「えぐマガ」vol.457  2020年5月15日号

今日のブログも、メールマガジンの転載です。
飯塚のこと、政治のことを少しでも知って頂ければとの思いで書いているえぐち徹のメールマガジン「えぐマガ」を不定期ですが、ご希望された方などへ配信しています。
配信希望の方、次のリンクから江口宛にあなたのメールアドレス をお教え下さい。
次号より配信させていただきます。
 
*******************
「えぐマガ」vol.457  2020年5月15日号

 *******************

こんにちは。飯塚市議会の江口徹です。
 
緊急事態宣言が福岡県も含め多くの県で解除になりました。
それを受けて、今日、飯塚市では、対策本部会議が開かれ、
学校の再開スケジュールの変更などが、決定しています。
 
今回のえぐマガは、その学校の再開スケジュールなどについて、お伝えします。
=====
飯塚市の学校再開について

 学校休業期間が短縮となります。変更後は以下の通り。
 
 5月19日(火)と5月21日(木)は分散登校。
 (クラスを二つに分けての登校、地域分けでどちらかの日に登校することとなります。)
 5月25日(月)から29日(金)までは、午前中授業。
 6月1日から通常授業(給食あり)となります。

☆留意事項
 3つの密を避ける感染症対策を行う。
 手洗いや咳エチケット及びマスク着用などの基本的な感染症対策を行う。
 家庭と連携し、毎朝の検温や風邪症状の確認を行うとともに、学校に置いても健康観察を徹底する。
 児童生徒の心のケアに配慮する。
 部活動については、児童姿勢との心身の状況に合わせ、6月1日以降再開する予定。
☆児童クラブについて
 学校再開に伴い、5月25日以降は通常運営を行う。
 
=====
図書館について
 
市立図書館全館とも、5月19日(火)に再開。

ただし、感染予防のため、利用者は図書館の利用者カードを持っている方に限定。
30分を目途に利用してくださいとのことです。
利用者カードをお持ちでない方で、飯塚市在住の方などは新規登録をお願いします。詳しくはコチラへ。
 
=====
その他の公共施設について
 
 感染防止策(三密の回避と参加者リストの作成など)をとった上で、
 市民利用型公共施設(交流センター等)の運営を再開していきます。
 貸館開始は5月25日(月)からですが、以下のような取り扱いを行います。
 1 重要性、緊急性が低い施設利用の場合は自粛要請を行います。
 2 当分の間は、市内利用者のみとします。
 3 再開する施設でも、三密の回避ができない機能・貸室は休業します。
   (例:調理実習室、トレーニング室、窓のない部屋など)
 
 なお、子育て支援センター、旧伊藤伝右衛門邸、いいづかスポーツリゾートについては個別対応となるそうです。(調査中)
 
=====
イベント等について
 大規模、不特定多数を対象としたイベント・会議の自粛要請をします。
 開催の場合は、三密の回避と参加者リストの作成を要請します。
 市主催のイベント・会議については、感染防止策(三密の回避と参加者リストの作成など)をとった上で、小規模(原則50人以下)の会議・イベントを再開していきます。
 
 
江口拝
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
江口 徹(Tohru Eguchi)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「えぐマガ」vol.456  2020年5月7日号 コロナ対策の独自支援はどうか?

今日のブログは、メールマガジンの転載です。
以下のような 
飯塚のこと、政治のことを少しでも知って頂ければとの思いで書いているえぐち徹のメールマガジン「えぐマガ」
不定期ですが、ご希望された方などへ配信しています。
配信希望の方、次のリンクから江口宛にあなたのメールアドレス をお教え下さい。
次号より配信させていただきます。
 
*******************
「えぐマガ」vol.456  2020年5月7日号

 *******************

こんばんは。飯塚市議会の江口徹です。
 
GW、いかがお過ごしでしたか?
ステイホームで、自宅ばかりという方も多かったことでしょうが、
これだけ良い天気だったのが、ちょっと残念。
とはいえ、コロナとの戦いの真っ最中。
しかたないよね。と自分に言い聞かせている毎日でした。
 
さて、今回のえぐマガは、そのコロナとの戦いに使う武器「飯塚市の独自支援」について、お伝えします。
=====
飯塚市の独自支援「緊急対策」始まる。
 
GWの直前、4月28日に市の緊急対策なるものが発表されました。
総事業費は約17億2千万円。その概略は次の通りです。
 
事業者関係
1−1 事業継続応援事業
 国・県の融資制度を活用した事業者に対し、30万円を交付。
 事業費:3億6千万円 

1−2 事業継続応援貸付事業
 市の融資。上限は法人300万円、個人事業主150万円。
 売上高が前年同月比で5%以上減少した市内事業者が対象で、無担保・無利子。ただし保証協会のOKが必要。
 事業費:9億8400万円 (預託金含む) 

2 生活者関係
2−1 再就職(再雇用)応援事業
 概要:解雇や雇止めにより職を失った方10人を、市や社会福祉協議会の職員等として雇用。
 事業費:1500万円
 
2−2 ひとり親家庭等応援事業
 児童扶養手当を受給しているひとり親家庭等に対し、1世帯あたり5万円を交付。
 事業費:7030万円

3 医療・保育関係者への支援
3−1 医療施設従事者に対する応援事業
 概要:市内の医療施設に勤務する者(非正規職員を含む)に対し、1人3万円を交付。
 事業費:2億5500万円

3−2 保育施設従事者、児童クラブ・職員に対する応援事業
 概要:市内の保育施設、放課後児童クラブに勤務する者(非正規職員を含む)に対し、1人3万円を交付。
 事業費:3360万円

4 相談体制の充実
 個人向け生活資金相談窓口の設置(市社協と共同設置)
 事業者向け経済支援相談窓口の設置(新型コロナウイルス感染症に関する経済対策室の設置)

5 感染症収束期の事業
 新型コロナ感染症収束期を迎えた時に、次のような事業を開催予定。
 ◎飲食店再開支援セミナーの開催
 ◎プレミアム付き応援券の発行
 ◎市民の応援機運の醸成
 
以上が、市の緊急対策です。詳しくは、こちらをご覧下さい。
 https://www.city.iizuka.lg.jp/hisho/shise/gaiyo/shicho/message/coronashien.html
 
 
まあ・・・何というか。正直に言うと残念です。
 
まず、事業者への支援。
ホントに厳しい事業者の方々をいち早く支援するために、福岡市や北九州市をはじめとして、多くの自治体で家賃の支援を行っています。
これは、実際に事業者に聞いても、皆さん大歓迎。待ち望まれていた支援です。
なので、前回のえぐマガで紹介した私なりの緊急経済対策にも入れていました。
 
これが飯塚市の支援にはないんです。
 
事業継続応援事業というのがあるけど、これは、国・県の融資制度を活用した事業者に対するもの。
つまり、既に融資を受けることが決まった方々への支援。
30万円はありがたいけど、その前に数百万だったり、もっと大きなお金を借りることが決まっています。
これがあると、助かる!というのではないのです。
 
そして、事業者向けの支援のもうひとつが、事業継続応援貸付事業という市の融資。
今日現在でまだスタートしておらず、既に動いている県の融資制度があり、こちらとほとんど一緒。
一部、有利な点もありますが、上限額は県の融資の方が一回りも二回りも上。
なんといっても、始まっていなければ・・・使えません。
 
 
また輪をかけて、びっくりなのが、2の生活者への支援。
再就職(再雇用)応援事業は、コロナの影響で職を失った方を雇って支援!という制度なのですが、まさかの10人!
う〜〜〜ん。びっくりしてしまいました。
 
 
対称的に充実しているのが、ひとり親家庭等応援事業と、医療保育関係者への応援事業
介護関係がないという点を差し引いても、こちらは、他自治体に比較しても、ぴかぴかに光っているように思えます。
 
最後の収束期については・・・コメントを差し控えます。。。
 
以上、市の事業への辛口のコメントでした。
 
これで、市内の事業者・市民が救えるのか・・・
市長が上の緊急対策を打ち出したのは、28日。福岡市長が独自線を打ち出したのはそれから2週間早い14日。
他の自治体から一歩遅れたと言われても仕方ありません。
 
そして、5月4日には、緊急事態宣言の延長が決定。
学校休校も長引き、飲食店をはじめとする新型コロナの影響が大きな業種の方々の心配もまた長引いています。
それだけ、経済も痛めつけられます。
 
先日、東京都内のとんかつ屋のニュースが流れていました。
 東京都練馬区とんかつ店で四月三十日夜、火災があり、東京五輪聖火ランナーに選ばれていた店主の男性(54)が全身やけどで死亡した。警視庁によると、現場の状況から体に油をかぶったとみられる。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、店は四月中旬から営業を縮小していた。男性は「店を閉じる。もう駄目かもしれない」と、将来を悲観する言葉を周囲に漏らしていたという。
 
こんな状況にならないように、市は全力で市民を事業者を守らなくてはなりません。
 
東京都、福岡市などは、追加の対策を打ち出しています。
でも、飯塚市は・・・
今日もお昼ご飯を食べに行ったお店の方から、飯塚市しっかりせんね!と言われました。
 
もちろん、この状況の中で、市の職員の方々が懸命な努力をされていることは知っています。
遅くまで市役所の電気がついているよね〜。ありがたいねと言っておられる市民の方々もおられます。
今回の対策を、市の職員の方々が頑張って創られたことには敬意を表したいと思います。
 
ですが、せっかくの支援です。
こんな支援を待っていた!と言われるように、今からでも改善して欲しいと思います。
そんな朝令暮改なら大歓迎です。
 
=====
せっかくの市の独自支援、金額としては17億強と、だいぶん頑張ったとは思います。
だからこそ・・・との思いから辛口となってしまいました。
 
こんな時期だから、みんな協力してと言うご意見があるのは承知していますが、それでも、限りあるお金だからこそ、
生きた使い方をしなくてはなりません。そのためには、ダメなモノはダメとしっかり言うことが私たち議員の仕事であり、
市民の権利だと思っています。
 
皆さんのご意見やお困りごとをお教え下さい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
江口 徹(Tohru Eguchi)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

『新型コロナウイルス感染症 飯塚市緊急対策事業』まとまる。総事業費は17億1790万円。参考になったらシェア!

新型コロナウイルス感染症飯塚市緊急対策事業】
本日、以下の内容で専決処分されたとのことです。
 総事業費 17億1790万円。

 

f:id:gogo-eguchi:20200428161243j:plain

f:id:gogo-eguchi:20200428161304j:plain


新型コロナウイルス感染症 飯塚市緊急対策事業の概要

新型コロナウイルス感染症 飯塚市緊急対策事業の概要
                   令和2年4月28日記者発表資料

   ~必ず元気な飯塚市を取り戻します~
 私たちの将来 ふるさとの未来は
 今この瞬間の行動にかかっています。
 共に耐え この危機を乗り越えましょう。
 そして、私達のかけがえのない日常を取り戻しましょう。

飯塚市は国・県の支援に加え、短期・長期の支援を行います。

緊急対策事業総事業費 17億1,790万円(預託金(貸付原責)8億円含む)

1 事業継続と雇用維持の応援の視点 【事業費13億4400万円】
 先の見えない、大きな不安を抱えた状況の中、休業や倒産の危機に直面しながら事業の継続や雇用の維持に懸命に取り組む中小企業、小規模事業者の皆様 個人事情主の皆様を応援します。

【事業継続応援事業】
 概要:国・県の融資制度(市が指定する11事業)を活用した事業者(大企業を除く)に対し、30万円を交付。
 事業費:3億6.000万円

【事業継続応援貸付事業】
 概要:売上高が前年同月比で5%以上減少した市内事業者に対し、無担保・無利子融資を実施。
 融資限度額:法人300万円個人事業主150万円
 ※創業間もなく売上高が前年と比較し難い事業者の方にも対応
 事業費:9億8.400万円 (預託金含む)

Ⅱ 市民生活維持の視点
 新型コロナウイルスの感染拡大による企業の業績悪化を理由に解雇や雇止めが発生したり、学校の休業や保育園の登園自粛などで勤務できす収入が減少するなど、雇用や収入に対する不安を抱えた中で生活の維持のため努力を続けている、失業された方やひとり親世帯の方を応援します。

【再就職(再雇用)応援事業】
 概要:解雇や雇止めにより職を失った方を、研修後、市や社会福祉協議会の職員等として雇用し、再就職を応援する委託事業
 事業費:1500万円

ひとり親家庭等応援事業】
 概要:児童扶養手当を受給しているひとり親家庭等に対し、5万円/世帯を交付。
 事業費:7,030万円

Ⅲ 市民生活稚持のため活動を継続している事業所の人々への応援の視点
 新型コロナウイルスの感染リスクと隣り合わせの中で、市民生活が維持できるよう、懸命に努力いただいている医療施設従事者の皆様、そして保護者の方の働ける環境を維持したい本市の要望に応え、開所いただいている保育施設、児童クラブの従事者の皆様に感謝し、活動が継続できますよう応援します。

【医療施設従事者に対する応援事業】
 概要:市内の医療施設に動務する者(非正規職員を含む)に対し、3万円/人を交付。
 事業費:2億5500万円

【保育施設従事者、児童クラブ・職員に対する応援事業】
 概要:市内の保育施設、放課後児童クラブに動務する者(非正規職員を含む)に対し、3万円/人を交付。
 事業費:3.360万円

Ⅳ 相談体制の充実
 新型コロナウイルス感染症の影響により生活にお困りの方、経済活動にお困りの方それぞれを対象に相談窓口を設置し、きめ細やかな対応を行います。
事業名
 個人向け生活資金相談窓口の設置(市社協と共同設置)
 事業者向け経済支援相談窓口の設置(新型コロナウイルス感染症に関する経済対策室の設置)

V 新型コロナウイルみ感染症収束期の地域経済の回復-と活性化の視点
新型コロナ感染症収束期を迎えた時には、また飯塚市の元気を取り戻すために、市内企業や事業所を応援する機運の醸成とともに、プレミアム付き応援券の発行など消費の喚起による地域経済の回復を目指す取り組みを実施します。

 

 

以下は、2枚目の文書より(上記の分の詳細となります)

1事業継続と雇用維持の応援の視点 

【事業継続応援事業】
概要:国及び県の融資制度(市が指定する11事業)を活用した事業者(大企業を除く)に対し、事業継続と雇用維持を応援するため、応援金を交付。
手続:融資決定後事業者の申請(郵送、電子申請、窓口対応)に基づき支給
交付額:1事業者あたり 30 万円
支給開始:令和2年5月11日(月)から
 対象者:令和2年5月31 日までに申請した国及び福岡県の融資制度利用者(融資決定者/全業種対象)※交付見込件数 1,200 件
事業費: 3億 6,000 万円
お問い合わせ先:事業者向け経済支援相談窓口(内線1923・1924)

【事業継続応援貸付事業】
概要:売上高が前年同月比で5%以上減少した市内事業者(全業種、法人、個人事業主)に対し事第継続と雇用の維持を応援するため、無担保無利子融資を実施。なお、製造業は事業所単位での融資を実施。
く事業の概要(案)> 「金融機関と調整中」
融資枠:20億円(融資倍率:2.5倍 預託金:8億円)
融員限度額:法人300万円 個人事業主150万円
資金使途:運転資金
優還期間:10年以内(うら置5年以内)
融員利率等:金利 0.5%  保証料0.8% 無担保
優遇措置:(法人) 当初5年間は利子・保料を全額免除(市負担)
     (個人事業主) 期間内(最大10年)は利子・保証料を
     全額免除(市負担)
代位弁済:返済が滞り信用保証協会が代位弁済しに場合、飯塚市が信用保証協会に代位弁済額の20%以内を補填
運用期間:令和2年5月(金融機関調整後)から令和2年8月31日まで
対象者:売上高が前年同月比で減少した市内事業者.ただし市民税(法人の場合は法人市民税)及び固定資産税を滞納していないこと。
◆創業間もなく売上高が前年と比較し難い事業者の方にも対応(要相談)
事業費:9億8400万円
お問い合わせ先:事業者向け経済支援相談窓口(内線1923・1924)


Ⅱ 市民生活維持の視点
 新型コロナウイルスの感染拡大による企業の業績悪化を理由に解雇や雇止めが発生したり、学校の休業や保育園の登園自粛などで勤務できす収入が減少するなど、雇用や収入に対する不安を抱えた中で生活の維持のため努力を続けている、失業された方やひとり親世帯の方を応援します。

【再就職(再雇用)応援事業】
 概要:解雇や雇止め(派遣業務)により職を失った方を、IT等の研修を受けていただき、新型コロナウイルス対策等で事務量が増加している市や社会福祉協議会の職員等として業務に従事し、再就職(再雇用)を応援。
雇用期間:10ヶ月(研修期間を含む) 
対象者:解雇や雇い止め(派遣業務)により職を失った方 ※採用見込人数 10名
事業費:1500万円
お問い合わせ先:事業者向け経済支援相談窓口(1923・1924)

ひとり親家庭等応援事業】
 新型コロナウイルス感染症感染症予防対策による勤務先の休業や学校の休校、保育所登園自粛等が要請されたことにより、勤務できないなどの理由で経済的に厳しい状況が想定されるひとり親家庭等を応援。
交付額:1世帯につき5万円
対象者:令和2年3月末現在児量決養手当を受給している者 ※対象世用数1.406世帯
事業費:7030万円
お問い合わせ先:福祉部子育て支援課(内線:1120)

Ⅲ 市民生活維持のため活動を継続している事業所の人々への応援の視点
【医療施設従事者に対する応援事業】
市民のいのちと健康を守るため、感染のリスクにさらされるなど厳しい勤務状況が続く中、一人でも多くの患者を救おうと、医療の最前線で日々懸命に努力されている医療従事者に感謝し応援金を交付。
交付額:1人につき3万円
対象者:①市内の医療施設(病院、診療所、歯科診療所、薬局)に勤務する者で、事業所と雇用関係のある者 非正規職員(勤務日数週20時間以上勤務する者)も含む
②事業所と雇用関係がない者であっても患者との接触機会が上記①の従事者と同程度ある者
◆基準日 令和2年5月1日 ※対象者見込数 8500人
事業費:2億5500万円
お問い合わせ先:市民協働部 健幸・スポーツ課(内線:2163・2166)

【保育施設従事者、児童クラブ・職員に対する応援事業】
 緊急事態宣言下においても児童や乳幼児の子育て支援環境の維持と保護者の働く機会を確保したい本市の要望に応え、子どもたちのいのちと健康を守るため通常業務に加え、クラスターを発生させないための徹底した感染防止に取り第んでいる保育施設従事者、放課後児童クラブ職員に感謝し、応援金を交付。
交付額:1人につき3万円
対象者:
①市内の保育施設、放後児童クラブに勤務する者で、事業所と雇用関係のある者
 非正規職員(勤務日数週20時間以上勤務する者)も含む
②事業所と第用関係がない者であっても、児童・乳幼児と接機機会があり、通常業務に加え、
 上記①と協力して感染防止に取り組んでいる者(勤務日数週20時聞以上勤務する者)
◆基準日 令和2年5月1日
※対象者見込数 1120人
事業費:3.360万円
お問い合わせ先:子育て支援政策課(内線:1126)・学校教育課(内線:1628)


Ⅳ 相談体制の充実
【個人向け生活資金相談窓口の設置(市社協と共同設置)】
業務内容
 ①緊急小口資金(貸付)県社協事業に関すること
 ②総合支援資金(貸付)県社協事業に関すること
 ③生活保護申相談
 ④自立支援相談
 ⑤母子父子寡婦j福祉資金(貸付)に関する相談
 ⑥住居確保給付金(給付)・ライフレスキュ-(給付)・フードバンク(現物給付)に関すること 他
聞設日:令和2年5月1日
開設場所:市役所本庁2階多目的ホール
対象者:生活の継続に不安のある方
お問い合わせ先:福祉部生活支援課(内線1921〜1922)

【事業者向け経済支援相談窓口の設置(新型コロナウイルス感染症に関する経済対策室の設置((略称:経済対策室))】
業務内容
 事業所、個人事業主に対する国・県及び市の施策に関する情報の提供と相談
 ①国、県、市の経済対策に関する相談
 ②事業継続応援事業の説明・受付・処理
 ③業継続応援貸付事業の説明・受付・処理 他
聞設日:令和2年5月1日
開設場所:市役所本庁2階多目的ホール
対象者:事業継続に不安のある方
お問い合わせ先:事業者向け経済支援相談窓口(内線1923・1924)


V 新型コロナウイルス感染症収束期の地域経済の回復と活性化の視点
【飮食店再開支援セミナーの開催】
 感染症拡大収束後の店舗再開及び新たな業態へ変更(昼食提供、宅配出前持ち帰り(テイクアウト))、創業を支援するための専門家によるセミナーを開催
【飯塚プレミアム付き応援券の発行】
 市内企業・事所の再起を応援し地域経済回復目指すため、 市民の消費行動を喚起するための商品券を発行するもの。応援率 20%
【市民の応援機運の醸成】
 市民の市内企業・事者へ応援機運醸成、盛り上がをつくるための事業実施
事業費:今後詳細に検討

 

まずは、速報でした。また詳細が分かりましたら、書き加えたいと思います。

参考になったらシェア!

新型コロナ対策に関する緊急申し入れ書を提出! いいねと思ったらシェアを!

今日のお昼1時半より、議員の有志8名の連名による『新型コロナウィルス対策の財源確保に関する緊急申し入れ書』を提出してきました。
一緒に名前を連ねたのは、福永隆一、松延隆俊、城丸秀高、吉松信之、小幡俊之、兼本芳雄、金子加代、そして私です。

f:id:gogo-eguchi:20200428013446j:plain

コロナの状況下であるので、提出に行ったのは、福永議員と私の2名。
宛先はもちろん市長ですが、市長・副市長は時間が取れないという事で、対応して頂いたのは、市民協働部の久家勝行部長、都市施設整備推進室の山本雅之室長のお二方。

 

緊急申し入れ書を、簡単に言うと、「コロナの影響はすさまじいですよね。コロナの影響で税収も下がるでしょうし、生活保護も増えるでしょう。いつコロナが終息するかも分からないので、コロナ対策に必要なお金も増えてくるでしょう。また、コロナのまっただ中に水害や大地震などの災害が来るかもしれません。

 

つまり、いつお金が必要になるか分からないので、体育館や市場の建設も含めて、不要不急の事業は一旦中止として下さい」と言う事です。

f:id:gogo-eguchi:20200428013532j:plain

f:id:gogo-eguchi:20200428013638j:plain


写真じゃ、読みにくいかもしれないので、以下も文面を紹介します。

==============


新型コロナウィルス対策の財源確保に関する緊急申し入れ書

 

 市長ならびに市職員の皆様が新型コロナウイルス感染症対策に全力を挙げて取り組まれていることに敬意を表します。

 

 4月7日の緊急事態宣言から3週間がたとうとしていますが、新型コロナウイルス感染症の拡大は日増しに厳しい状況となっており、飯塚市においても、3月24日の会社員とその妻、4月17日の学生、そして4月22日の会社員と4人の感染者が発生しています。
 早期の回復をお祈りすると共に、これ以上の発生がないように願わずにはおられません。

 

 他方で、新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響はすさまじく、2月以降、地域経済は本当に大きなダメージを受けています。
 これに対応するための国の経済対策等もあるのですが、それだけでは厳しいことから、全国の自治体で、緊急経済対策を打ち出す動きが広がっており、飯塚市も、4月13日の記者会見で市長が「応援金を検討中」と発言されました。

 

 その財源について、財政調整基金を中心に考えていると市長は発言されていましたが、令和2年度の当初予算資料によると財政調整基金の令和元年度末の残高見込みは約73億円、令和2年度末の残高見込みは48億円弱となっており、市の財政が厳しい状況であることは、市側も認めているところです。

 

 この財政調整基金から、先日の市議会全員協議会で示された『新型コロナウイルス感染症 飯塚市緊急対策事業』の財源の捻出は可能でしょうが、令和2年度の当初予算は新型コロナウイルス感染症の影響を考慮せずに編成されており、市議会全員協議会で必要に応じ検討すると言われた「緊急対策事業」の第2弾や、緊急事態宣言が長期化した場合に必要となるオンライン授業やテレワーク等の費用、今後大幅な減収が予想される税収、増えることが予想される生活保護、更にいつ起きるか分からない自然災害などを考えると、財源は多ければ多いほどよく、まさに十二分に確保しておく必要があると私どもは考えています。

 

 よって、私どもは、新型コロナウイルス感染症対策の財源を十二分に確保しておくために、以下の3点について強く申し入れます。

       記


1 全ての事業を洗い直し、不要不急の事業については、今回の新型コロナウイルス感染症が終息するまで、一旦中止とすること。

 

2 移転新築が予定されており、現在入札が進行中の新体育館の建設工事については、今回の新型コロナウイルス感染症が終息するまで、入札中止とすること。

 

3 移転新築が予定されており、現在着工目前となっている新卸売市場の建設工事については、今回の新型コロナウイルス感染症が終息するまで、一旦中止とすること。
==============
この申し入れをいいね!と思ったらシェアを!

 

市民の皆さんの後押しが政治を動かします。

 

また、緊急申し入れ書とあわせて、『飯塚市独自の緊急経済対策 江口私案』(2020年4月27日現在バージョン)についても、お渡しし検討頂けるようお伝えしています。

コチラについてはまた別に。

#飯塚市 #コロナ #議会 #議員 #緊急申し入れ #緊急経済対策
#飯塚市議会